カテゴリ
全体
健康
家族
日記
未分類
以前の記事
2006年 09月
2006年 08月
フォロー中のブログ
一ノ瀬たけしの「僕の道し...


秋の風

暑い夏が、いつの間にか秋の風になりました。
10月3日、19時より、菊鹿町の、喫茶ギャラリー幸 にて、一ノ瀬たけしミニコンサートを行います。電話、0968-48-3765.料金、1000円です。
平成8年、4月、16日。18歳の時、突然の心臓発作により、12分間の心肺停止、瞳孔拡散、全身チアノーゼ状態に陥り、奇跡的に一命は取り留めましたが、無酸素脳症による人格障害、記憶障害、思考力低下等の後遺症が残りました。自宅介護で、ようやくここまでの回復ができたのです。10年の歳月を必要としましたが、日々回復へ向かっている中で、本人が生きる希望として、(歌を歌いたい。歌手になりたい。)と自己主張したのです。
それ以来、本人の生きる力のために、夢実現に向けて、前向きに努力してきました。今年4月に山鹿市の、さつき園、ラヴィータにおいてディナーショウでのゲスト出演をはじめとして、8月の、山鹿灯籠祭りでは、国の重要文化財に指定されている八千代座で、弦楽アンサンブルをバックにして歌うことができました。夜は大宮神社前の会場でも歌いました。その会場には、たけしの命の恩人である、三原宏之先生が、駆けつけてくださったのでした。三原浩之先生は、福岡大学病院,救急救命の第一人者で、10年前、たけしの命を救っていただいた正に、命の恩人なのです。植物人間状態か、よくても車椅子状態までといわれたたけしの回復には、先生も驚かれて、仕事のあとに、福岡県からわざわざたけしのステージに登場していただいたのです。
病状の厳しかったことも、リハビリの難しさも、家族がおかれた環境も、そして医学的な見地からもすべてをお話くださいました.周りの人にもなかなか理解してもらいにくかった今までの10年間を、一瞬にして、説明してもらい、理解してもらったわけですから 感激と喜びで涙が止まりませんでした。いろんな方々に励まされて助けられてここまで来たのです。
その勢いに乗ったまま、後援会(ウイング来楽譜、クラブ)も発足しました。
そして、10月3日のミニコンサートを迎えたのです。
さらに、11月23日には、山鹿市民会館においてたけしの持ち歌、新曲発表のコンサートもできるまでになりました。
[PR]
# by yamabikodama | 2006-09-11 14:34 | 日記

昨日の出来事

昨日初めてチャレンジして、少し自慢げに妻に報告しました。1年以上も前から始めている妻は先輩顔をして、含み笑いでうなずいていました。しばらくすると、ラジオから、待望の番組が流れてきました。FMKラジオの、コスモアースコンシャスクリーンキャンペーン,イン山鹿。の特別番組です。去る8月16日、国の重要文化財に指定されている八千代座において長男たけしが歌ったのです。
10年前の4月、心臓発作で倒れてしまい、12分間の心肺停止、瞳孔拡散、全身チアノーゼ状態で、病院に運ばれたのです。奇跡的に命は助かったものの, 重度の後遺症が残りました。植物人間か、よくても車椅子状態の宣告を受けたのでした。7年後にたどり着いた病名は、高次脳機能障害というものでした。日常生活のほとんどができない状態は、体は、大人でも知能や精神状態が、赤ちゃん並みというものでした。そんなたけしが、八千代座で、弦楽アンサンブルをバックにして、200名程の人の前で歌を歌ったのです。そしてそれがラジオから流れてきたのです。全国放送なので多くの人に、聞いていただけたようです。妻のブログや携帯のメールや、電話も沢山いただきました。
今までの10年間が、走馬灯のようによみがえってきてうれしかったです。まるで、悪天候の中に険しい登山を始めてやっと頂上に上り詰めたら、晴れ晴れとした青空がすがすがしい。そんな気分になれました。
これからは、今までの経験と、それに関連したことを書いていくつもりです。
[PR]
# by yamabikodama | 2006-08-31 11:48 | 日記

今日から始めます宜しくお願いします

長男が心臓発作で倒れてから10年になります。12分間の心肺停止、瞳孔拡散、の状態から奇跡的に助かったものの障害が残りました
いろんな経験もありましたし教えられたことも数多くあります
自分を振り返ってみたいと思っています。   
[PR]
# by yamabikodama | 2006-08-30 14:34 | 日記




元魚屋のやまびこが健康・家族について綴ります
by yamabikodama
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧